誰かが誰かの幸せの礎や糧や種になる、ということは、ままあるようなので

▼誰かが誰かの幸せの礎になっている、という姿を見たことはある。あると思う。依存の話ではないつもりだ。錯覚や幻想の可能性もこの際横に置いておく。というか、思索後の思考停止が怖いからあとでカウンターとして持ってこよう、とか思っている。ので、巧く背後に控えさせておく。邪魔者を除けるための聞き捨て可能な口先的言い訳、にならぬよう注意しよう。僕が貴女を幸せにしてみせます――僕が貴女を幸せにできます、という系列の指向、の背後にありそうな「傲慢」については、正直頻繁に考えてしまう。可能なら言ってみたいからだ。つまり、嗜好を正当化してくれる理由を探している、のだ。巧く目指すのは難しい、とは考えている。傲慢を避けるのが難しそうだからだ。けれど、見たことはあり、不可能ではない、とは思っているから、諦めたくもない。わかったような顔をせず、見せず、しかも、隠さず、わかるものになりたい。と願う。ところにまだいる。