無理と鋭角のバランス

▼数多くのことを、限定された場所に、無理矢理置くと、鋭利な文章にはなるな、なんて思う。悪くない、と感じる。普段は飛躍のあまりないものが好きである。理路をきっちり描くのが楽しいからだろう。追跡が楽しい、のだ。誰かを尾行するのが何となく楽しいのに似ている。所詮は子どもの頃の話で、子どもは何にでもわくわくしたりするから、信憑性はあまりないだろう、とは思う。でも、何にせよ、飛躍も好きなのである。たぶん、理路に対する軽視、とかが嫌いなのだと思う。理路がきっちりありながら、にもかかわらず飛躍が多い、というのは、逆に楽しめる。探すのが楽しいのだ。というのも、尾行が楽しい、に通ずるところがあるかな、なんて思ってみた。追跡も捜索もそう遠いものではあるまい。毛布とパネキットよりは近いだろう。▼起床は午前9時。連日だ。目標などが最近は曖昧だ。でも、動けていると思う。己に向いたシステムをそろそろ考えよう、と思う。