四季(森博嗣)

四季

四季

「ああ、そう……」四季は瞬き、頷いた。「私は、貴女が好きです。貴女は、自分をよく知っている。思考が機敏で、それに感情をよくコントロールしている。良い姿勢だと思うわ。教えていただきたいことが沢山あります」
――P.295