雑多と推進のバランス

▼複雑を擁護したい。混沌を援護したい。というような欲が最近はあるのだと思う。だから、こう書いている。書いてしまっている。理解が欲しいか、とは、時おり考える。経験的には、難しいかも、と判断している。できている、複雑や混沌を「難しいもの」と認識し、難しいものに対して、翻訳や解体や例示によってわかりやすくして欲しい、と感じる視座が、わりと数多くあることを、ぼんやりと知ってはいるからだ。領域に偏りがあるかも――ゆえに、統計は誤りなのかも、ということは、無論考慮している。何にせよ、たとえ数多くの理解が得られなくても現段階では「複雑や混雑を逃してしまいたくない」と考えているのだな、と捉えて貰って問題はあまりないだろう。ただし、諦めではない。と同時に、開き直りのつもりもない。単一目標ではなく、優先目標なだけだ。