基盤と資料のバランス

▼認識と判断の違いは何か。という問いは、わりと巡らせてくれる。視線が巡る。思考が巡る。ので、楽しいかも、と思った。背後関係が違う、のはぼんやりわかる。同じ領域にはないようだ、と思う。でも、似ている。交換可能なほど似ていると思う。こう認識している、こう判断している、は、交換しても、無理がない、と思える。違和感がない、ではない。違和感はたっぷり覚えてしまう。全然違うだろ、と思う。おそらく、行為は似ていて、視線は似ていない、からだろう。対象を己の中に引き込む、という所作は、確かに似ている。が、己の中、というのが似ていない、のだ。置こうとしているところが違う。世界観と知識、という言葉を現段階では思いつくことができた。意識と思考の違いかな、というのも思いついた。閃けた。わりととびっきりなのでは、なんて思う。▼起床は午前5時。早起きだ、とは既に言い難くなった。普通、に侵略を受けたせいだろう。