疾駆と自由のバランス

▼記述は愉快だ。と頻繁に感じる。のだけど、持続しない、と判断してもいる。正確に言うなら、持続させることが現段階ではできていない、と言いたいところである。裏には無論、持続させたい、という欲求がある。淡いものだ。と表現してみて、違和感を覚えた。がっつりと、違うな、と思えてしまった。淡いものではないようだ。確たるものだ、という裏もまた、しかとあるのだろう。裏ばっかりだな、なんて考えたりもする。裏を探る。背後の前提を模索する。ということで、何が得られるのだろう、なんて考えることは、ほとんどない。でも、現在君の頭の中にある問いは何なんだね、なんて問われてしまうなら、言葉に窮する、可能性はありうる。が、ありうるだけだ。取りとめのない話だ、とは思う。だけど、縦横無尽に駆け巡っている、ということだけは間違いがない。好きだ。▼起床は午前9時。読書が楽しい。何処が楽しい? という問いは視野を狭めてしまいそうだ。