感覚と感受のバランス

▼涙が出る。涙は出ない。感受性、という言葉がいまだに巧く定義できていない。概念とか論理とかも昔はよくわからなかった。定義できていなかった。でも、最近は何となくわかるようになった。定義できるようになった。成長だろう、と認識している。認識できている。成長という言葉は不安定だよな、とは以前から思っている。変化と区別するのが難しいからだ。でも、理解できなかったこと、が、理解できるようになったこと、に対しては、成長だ、と表現することが、なぜかできる。なぜか抵抗を覚えない。と言う時の「なぜか」を追及しないのが弱点なのだろうな、なんて考えてみたりもする。が、追及しない性質を「強み」として捉える視点も持ってはいる。蠱惑的な視点だよな、と感じる。だからこそ検討せねばならぬ、と考えてもしまう。▼起床は午前6時半。驚く。予測よりも遅かったからだ。不調の煽りだろうか。現在は順調だ。順調を呼び寄せた、とも言える。