[雑談記]連載記事にしてしまえ、みたいな

▼書いていて、切りがない、と思ってしまった。終わりそう、とまったく思えない。終幕の気配も終焉の感触も予感できない。さっぱりだ。果てが見えない。で、地道に考え続けていこうかな、と思い直してみた。思考における持久を試してみるのも楽しそうだ。
▼繊細な思考だな、と自ら感じる。称揚ではない。ただ、嫌いでもない。楽しくはある。
▼いずれにせよ、だ。誠実な一歩だ、と認識できる距離の「繋がり」を活用して、着実かつ確実な形で「一歩」ずつ、進むしかない。安心できないからだ。検証が甘い――駄目だな、とか思ってしまう。採用できない。許容できない。のだ。自分のものでさえ。
▼思考においては「という思考は自分が成したものだから」という情報を「免罪符」として扱うことができなくなってしまった。ようだ。というか、言葉で思考を描きたり生んだりしていると、できないな、と思ってしまう。言っておくと、これは、楽しいことだ。