[思考記]時おり言葉にしてみると、思考の変質具合がよくわかる

▼考えよう、考えたい、と思っていることが最近は沢山溜まっている。正直なところ、最近はあまり言語化に尽力していなかった。だから、思考も明瞭ではなくなっている。という「だから」は、理路の明確なものではないだろうな、とは無論思う。いくらかは思ってしまう。言葉にすることと明瞭であることは「誰でも等号で結べるようなこと」ではあるまい、と感じてはいるからだ。普遍的な前提だと認識するのは誤りなのではないか、なんてことを考えてはいるのだ。とはいえ、自身が「言語化と明瞭化は密接な関係がある」という判断を前提にしてしまっているのも、間違いないところではある。