[開始記]特別と慢心のバランス

▼可能性は二つある。誰もが満足できる世界が顕現可能ではありながら同時になぜか世界は理想的状況には異様なほど向かいにくい構造になっている、という可能性がまずあると思う。第二に、結局のところ我々は尽きることのない欲深さを有してしまっていて世界がどうあろうと不満をどこからか見つけてくるのだ、という可能性もありうると思う。この世界は時おり苦痛と不満に満ちているように見える。好きではない。無論、解消と解決が可能だと思っているわけではない。断片的に可能だったとしても、新たな不幸を呼び寄せているだけなのではないか、という疑惑は消えないからだ。という恐怖は抱えている。でも、とは思う。せっかくだから、と思う。せっかくなのに、と思う。ここにいるのに。特別視の危険性は知っている。知ったつもりになっている。慢心は駄目そうだ。でも、特別視の力を借りねば果たせぬこともありそうだ、というジレンマが、以前からある。