[開始記]程度と是非のバランス

▼程度問題として認識することが健やかなことなんだろうか、とは思ったりする。なんて言いつつ、健やかという形容詞は明白なものではないよな、なんて思ったりもする。相応しい、となぜか感じてしまった。だけだ。眼前の問題に対して、アナログな形質で捉えてかまわないのだろうか、はたまた、デジタルで捉えたほうが適切だったりするのか、とは稀に思う。強弱を問うか有無を問うか。最適はどこにある? が、稀にしか思えない、という問題もある。通常は自動的に判定してしまっている。つまり、根拠なく決めつけてしまっている。と自覚する。嫌な気分にはなった。浅薄、愚昧、不幸、の匂いが薫ってきたからだろう。在るだけで駄目なのか――在りすぎて駄目なのか。または、無いだけで駄目なのか――無さすぎると駄目なのか。駄目出しの際、的確なのはどちらなのだろう、なんて思う。▼起床は午前5時。精神に不備は感じない。持続すればありがたいな、と思う。