上下と嘲笑のバランス

▼罵倒とか嘲笑とかってやっぱりあんまり意味ないかもなー、と思う。対象を「上位と下位」というシステムで認識すること、の必要性も考慮せねばな、とか思ったりもする。視線に「上位下位を見る」を機能として追加することの是非、と、下位に見えてしまったものをどう取り扱うかということの利害、は、別の問題にしておくべきだろう。上位下位視線を完全廃棄するのは無理である、という可能性もありうるようには思える。ので、弱体や縮小に繋がりうる環境的算段を立てておくべきなのかもしれない、とも思う。問題がズレてしまった。罵倒や嘲笑の是非と利害。優越感混じり、が駄目なのはわかる。でも、異質なものもありえる。ない、とは、まだ言えない。だから、完全否定できない。運用次第か、というのもある。醜悪、という視点もあるしな、とも思う。レイヤー混乱、の気配が濃い。▼起床は午前4時半。早起き。余裕になった。わりと気合が渦巻いている。