収穫と腐敗のバランス

▼現段階の脳の混沌で採掘作業をしてみると何が収穫できるのか、を記録したがっているところがある、と判断してみた。認識してみた。以前から、思考の素材になりそうな「視線」や「概念」や「脈絡」を、事前に準備しておくのを嫌がっているようだ、と、ぼんやり感じてはいたのだ。だからか、と思った。途中であることをふと意識する。活動はいつでも続いている。続いているから、昨日の閃き、は、過去のものであり、今日の活動の中では、すでに乗り越えられている。というか、乗り越えることができるはずである。熟成と進化を今日は顕現させることができるはずである。なんていう信念があるのだろう。過信か慢心か。は無論問うておこう。忘却と腐敗を避けようと思うあまり、熟成と進化を避けることにもなってしまう、という状況を、疎んじているのだ。▼起床は午前10時。やりたいことは多い。巧くこなせていないな、というのもある。こねくり返してみよう。