拘束と挑戦のバランス

▼制限や拘束があるほうが燃える。というのはわりとある。無断リンク関連の意見交換に対して「何処に落ち着こうと適応してやるから好きにせよ」なんて思ってしまうのはそのせいだろう。放棄と過信と怠慢の証として、でないなら、挑戦的野心的「好きにせよ」スタンス、も、悪いものではあるまい、と判断している。常に自由は大切なものだ、という認識は、まるきりは許容できないところがある。近代的洗脳、の気配を感じるからだろうか。最適値がありそうだ、とは無論思う。が、好き勝手、自由気まま、奔放、をただただ称賛すればいいというわけではないだろう、とも思うのだ。なんでもあり、を、あまり信じてはいない、とも言える。好きではある。好きではあるのだが、僻地ですら抜群の性能を発揮してくれる、とまでは思っていないのだ。経験的なものであろう。▼起床は午前4時半。微妙に早く起きた。なぜか起きたがっていたようだ。ヱヴァを鑑賞するかもだ。