強気と残念のバランス

▼無駄な期待を誘発することは悪だ、という認識はなぜかある。理解も共感もできてしまう。場合によりけり、は、無論、前提である。前提にしてもなお、常時、と思ってしまうことがあるのだ。期待と裏切りを裏表にしてしまっていることが問題なのだろう、とは思う。裏表の関係にしている。のは、文化の問題と言えるのだろう――要するに刷り込みの問題なのだろうな、とも思う。可能な限り「愛」を謳ってみせよう、という意志はあったりする。いわゆる「愛」という概念に不穏当なバイアスを向けたりしなければそれくらいは言える。が、統一感と一貫性を軸に欲求を見てしまうと、大言壮語と壮言大語を避けようと思って、つまり、無駄な期待を誘発することは避けたいと思って、言葉を潰してしまうところも出てくる。だから、調整はできないものかな、なんて考えてしまうのだ。何の話だ、と思った。無謀や強気で発言してがっかりさせたくないんだ、という話である。