類型と駄目のバランス

▼類型的は退廃的だ。とか思う。で、わかりにくいこと言っちゃうかなー、と苦笑してしまう。陳腐は避けたい、というのはやはりある。思考停止の香りがするからだろう。思考停止は駄目である、とは、かつて、頻繁に考えていた。が、最近は考えにくくなった。前提、基礎、普通、通常、常時、回路のおおもとに組み組まれたから、というのはあると思う。また、駄目だ駄目だ、という判断の繰り返しが、いつしか、疑念と反発を呼んだ、というのもあるんだと思う。ほんとうに駄目なのかな、だ。駄目じゃない時もあるんじゃないかな、むしろ、駄目じゃない時があるなら探してみるのもおもしろいかも、なんて。時おり思ってみたりして。びっくりするほど、最初に「書こう」と思ったこと、を書いていない。▼起床は午前7時。いくらかゆっくりしている。勤務が少し遅めだからだ。が、早めに行こうかな、とも考えている。役に立てそうだからだ。満足の気配はある。