安全と欺瞞のバランス

▼ひとのふりみてわがふりなおせ、か、と思う。妙に重く感じてしまった。いくらか反省しておいたほうがいいな、と強く思えてしまったからだ。自戒しておかねばだ、と思えてしまった。安全圏でごにょごにょ適当に動いて、動いたんだから文句はないでしょ、とか思って、自分に思い込ませて、でも、自分の手抜きを知ってはいて、だから、指摘から逃げて、避けて、目を逸らして、欺瞞によって、正当化を図ってしまう、ということ。という姿を見て、残念に思った。落胆もしたし、苛立ちも感じてしまった。同時に、おまえもしたことあるだろ、という声が聞こえたりもしてしまった。なので、正直猛省した。安全圏で無意味な偵察を繰り返しただけで、最前線で有意義な戦闘を繰り広げてきたような顔をするのは、やめろ。だ。▼起床は午前5時。現状目標は『欺瞞をすべて排除しろ、という理想的な思考でどこまで排除できるか測定せよ』に決めてみた。やってみよう。