駄目になってるかもだが駄目になってるとか思わずでも可能性からは目をそらさず対抗していこう

▼鈍磨することが怖い、と思う。詳しく言うなら、妥協や諦念に無自覚なまま陥っていそうで怖い。妥協が悪いというわけではない。諦念が嫌いというわけでもない。が、無自覚なのは怖いよな、と思ってしまう。いつの間にか諦めて考えなくなってしまっている、というのが、滅茶苦茶怖いのだ。どう考えても理想に反してしまうからだろう。理想に向かう段階や過程として処理するのがいかんせん難しすぎるぜ、とか思えてしまう。苦心して巧く組み替えてみても、過程のどこかで一度でもそこを通ってしまったら、理想に達することはできなくなってしまうのではないか、なんていう気配を感じてしまう、のだ。という判断を覚えてしまうのである。だから思う。改めて思う。昔の、素直で、純朴で、繊細な、慣習や常識に侵食されきっていなかった感性を――、なんて考えてみてから、この考えは破棄したほうがいいかな、なんて思った。思って、決めた。かつての自分は良かったのに、なんていう粗雑で陳腐な思考と結論が、鈍磨の証でなくてなんなのだ、と思えたからだ。妥協と諦念でなくてなんなのだ、と思えたからだ。乗り越えてしまえ、と思う。克服してしまえ、だ。あの頃の気持ちを取り戻そうぜ、なんて形ではなく、かつて、だとか思えてしまっているものを、でもきっと今も変わらず持っているものを、つまりは、見えなくなってしまっているだけのものを、再び可視化することは、できるはずだ。という理解と認識と判断と決意と覚悟が、可能性を呼び寄せてくれるのではないか、と考える。思える。何よりそこを諦めてしまったら終わりだろう、なんて考えていた。