推測と厳密のバランス

▼相手の心理を掴もうとする、ことを、無駄だと感じたことはない。確かに完璧に見通せはしない。間違いの可能性はかなりありうる。精度は低いだろう。でも、だからしないほうがいいんだ、なんて思ったことはない。というわけで、最近は改めて心理学に敬意を感じ始めていたりもする。無論、厳密ではないところもあるとは思う。扱いが難しくて、安易な依拠はろくなことにならない、というところも、あるだろうことはわかる。でも、しないわけにはいかないんじゃないか、と、現段階では思っている。同時に、しないわけにはいかないだろ、を乗り越えたところに、次世代思考が眠っている気配も感じたりするので、検討しておこう、ということも思う。▼起床は午前5時。明るくなくなってきた。季節の変化を感じる。寝起きはまるでつらくなくなった。読書は高田明典『「私」のための現代思想』を読んでいる。やはりおもしろい。驚愕するくらい好きだ、って思った。