迷惑と最善のバランス

▼迷惑を掛けたくはない。迷惑は掛けたくもない。だから、最善を残したい。最善の結果を残すこと、が、迷惑を掛けないこと、に繋がるだろうと思うからだ。ならば「最善」とは何だろう、と考える。思考し、判断し、決意し、覚悟し、行動する。ことによって、世界に影響を与える。与えてみせる。ということ。で、意志で道を捻じ曲げる。無理に、柔軟に。悪化を抑止して、良化を促進する。ということ。価値観が決め手にはなる。目標や指標は価値観で決まるからだ。同時に、思考や判断や決意や覚悟は、速度や精度や純度や錬度を決める。総合得点が高いもの、を、最善、と呼称すればいいのだろうか。なんて思考を持ってみて、違うな、と思うことができた。無駄だ。最善とは何か、を問うてみることは、確かに楽しいが、現段階の迷いや惑いを解決に導くようなものではない、なんて想像できた。▼起床は午前5時。暑くなくなった。雨が奪い去っていったのだと思う。