単純と渾然のバランス

▼眼前の言葉にわかりやすく触発されてみるのも決して悪くはない、と思える。が、ぼやけとかすみを狡猾に巧妙に利用して、総合的な総括的な総集的な打ち手を無理矢理搾り出してみるのも、悪いものではないよな、なんて考えてみる。教育を見つめながら、教育について語る。のも楽しくはある。が、教育と蜜柑と音色と技術を見つめて、結合して、混合して、統合して、経過も経路もいまいち不明だけれど、でも、最後に出てくるもの、を語る。のも、楽しい。むしろ、後者を好んでいる匂いを感じることが多かったりする。という性格を、どこで獲得したのだろう、なんて視線を持ってみた。癖だと言える。▼起床は午前10時。深夜に遊んでいたからだ。晴れ渡り、はない。雲は白い。蝉はまだ存分に鳴いている。夏、という形容が似合うだろう。まったりしておこう、で、読書に傾倒しようかな、とか考えている。でも、いくらかは外気も感じておきたい。楽しんでいこう。