脳裏と記録のバランス

▼思考と言葉の関係すらいまだはっきりしていない。わからないことばかりだ。だからおもしろい、とも言えるし、だからつまらない、とも言える。もしも両極が言えるなら、可能な限り肯定を言葉にしてみせよう、とは以前考えたことがある。覚悟を決めた。決意を固めた。まだ続いている。脳裏の言葉。脳裏からの言葉。を、論理的ではなくても、つまりは「理路整然としていなくても」記述しておこう、と考えてみた。うまく吐き出しておこう。と、なぜ考えなくなっていたのか、不明だ。見えなくなる時は、ほんとうに、わかりやすく、見えなくなる。理由などわからず、把握ができず、打破もできず、だから予防すらもできそうにない。厄介だな、と思う。だからおもしろいんだけど、と笑う。▼起床は午前5時。よりは多少早かった。目が覚めてしまった。蒼い。朝の蒼さだ。目標とかを再認識しておく。読書は鬼頭宏昌『小さな飲食店真実の店長バイブル』を読んでいる。