混沌と明瞭のバランス

▼脳裏はいつでも混濁している。断絶と廃絶と拒絶を駆使して「思考」と呼べるような形を無理やり削り取ることはできる。混沌は端的には描けない。単純に技術が足りないだけかもしれない、とは無論思う。当然思う。で、続けて思った。改めて思った。つまり、混濁から明瞭な「思考」を奪い取ってみた。不可能事を心底認識したことはたぶんない。判断しているだけで得心しているわけではない――あるいは――理解できているだけで信仰できているわけではない。不可能があることを知ってはいる。けれど、不可能があることを生きてはいない。なんて言える。▼起床は午前5時。至極暑い。が、いくらか落ち着くかもしれない、という噂も聞いた。ありだろう。目標は考慮中である。問題意識を明確にしておくこと、と、考える時間を取ること、は、最近意識している。というか、意識してしまっている。読書も楽しい。読書から貰える問題意識がすごく有益だと思える。