存在と敬意のバランス

▼存在を貶めることだけはしたくない、と思っている。存在が間違っている、は、可能な限り言いたくないのだ。遠因になる言葉すら微塵も発したくない。つまりは、間接的にも言いたくない。だから、あなたはひととしてまちがっています、とかが言えない。というか、絶対に言いたくない。まるで意味させたくない。おかげで、逆に、目的Aにおいては間違っている、とか、側面Bにおいては間違っている、ならば、言える。むしろ、推奨すらしているかも、と思えたりもする。存在することをきちんと認めたうえで、の匂いを感じるからだ。▼起床は午前11時。深夜に遊んでいた。マリオパーティなどをやった。相変わらず勝利の気配はまったくない。悪いが嫌いだ、と嘆いておこう。現状目標は『オフラインもオンラインも、働くことも遊ぶことも、最終的には区別なんてしなくていいのだから、楽しめ』を掲げている。週間目標は『題材を掲げて文章を書く』にしてみた。