絶賛で称賛な新刊ライトノベル

▼新刊『時載りリンネ!』が読みたい、と思った。というか読むだろう。読む流れだ、と経験から判断してみた。あと『ミミズクと夜の王』も読もう。なんだろう。前から軽く不思議に思っている。称賛の形を見て、こういう称賛を受けるものはきっと好きになるだろう、という予測ができたりする。的中したりもする。というか、的中するからこそ余計に意識してしまうようになったのだと思う。好きな属性、好きな形質、があって、称賛がそのあたりに向けられているから、という理由は、無論、考えてみた。でも、微妙に違和感が残る。適切な表現ではないように思える。称賛視線の向いているところが好きなものだから、ではなく、称賛視線をそこに向けさせるようなものなら好きになるだろう、なんて思っている気配があるのだ。称賛されている属性や形質、ではなくて、称賛されている属性や形質に目を向けさせたもの、が、気になっているようだ、なんて思ったりもする。