指示と限定のバランス

▼専門用語を使うと、指し示す領域を、かなり限定することが可能になる、とか現時点では判断している。境界線と境界線がだいぶ近いようだ、なんて思っているのだ。というかむしろ、限定を望んで製造されたのだろう、と思っていたりもする。ゆえに、発語で対象を指し示した時に誤りを招きにくくなる。同じものに目を向けてもらえやすくなる。議論時に日常語を持ち出すと、定義をはっきりさせようじゃないか、になってしまうのは、つまり逆だからか、とも思った。日常生活では、照準を絞って話す――丁寧にピントを合わせて話す、が、あまり必要にならない。機会が少ない。だから、ぼんやりした言葉――領域の広い言葉、が、使われやすくなる。で、日常語、として、認知されやすくもなる。だけど無論、議論には使いづらくなる。▼起床は午前9時。珍しく連休だ。目標も忘れておこう。という余裕はあった。読書は『アラビアの夜の種族 2』が終わり間近である。