論理的かどうか問う、ということに対して、時おり感じるズレがある

▼根本的なことを押さえておこう、と思った。言葉や文章に対して、論理的かどうか、と問うてみせることに、無駄とか違和とかを感じているわけではない。なんですんの、とかはない。せんでええ、なんて思っていない。ただ、論理的整合具合、を問う時に、論理的かどうか、という「問い」を使用することに、軽い「ズレ」を感じているだけだ。