だから世界は素敵です、を演繹するための前提は、すでに出揃いました

▼構造上世界はこうである、という確定的な理解と、経験上人間はこうである、という安定的な判断と、おそらく自分はこのあたりに位置しているのだろう、という個人的な認識を、礎にして、前提にして、だから誰にでも優しくするべきだ、とか、だから諦めずに夢を追うべきだ、とか、だから何にでも挑戦してみるべきだ、とか、だから可能な限り愉しもうとしてみるべきだ、とか、は、演繹できているように思う。導出できているぜ、という雰囲気がある。でも、最近あまり書かなくなった。避けているつもりはない。が、なぜか書かなくなっていた。避けていたのかもしれない。あるいは、当たり前になりすぎて意識しなくなっていただけかも、とも思う。なんにせよ、また目を向けよう、って思った。