検査する視線、と、検査する視線を検査する視線、と、続編は不要な感じ

▼前項。書き直し必須だな、って思った。無論、当然、自分は理解できる。意外と簡単に脳裏に図を展開できる。だけの必要量は満たしている、なんて思う。でも、誰かしらが読んだ時にかなり理解しにくいであろうことも、理解できる。隙間を埋めるものを持たないひとの視線も想像できる。客観的視線、というやつか。こういう「検査する視線」を改めて「検査する視線」が要るのかな、と最近は思う。あと、検査視線は二重まで達することができれば、あとはなんとかなりそうだな、っていうのは、経験則としてある。