濃淡と有無のバランス

▼あえて「巧く」書こうとしなくていい。ただ書け。ただ動け。純粋に純朴に単純に素直に実直に地道に素朴に朴訥に。というのは、あると思う。わりとそうだろう、とは思っていたりもする。経験則として「適切なことの多い意見だ」と認識していたりはする。のだけど、常にそうだ、とは思わない。思えない。揺るがぬコトワリ、じみた記述を見かけると、違うこともあるだろ、とは思ってしまうのだった。濃淡と有無の違いを、アナログとデジタルの違いを、区別していない認識は、やっぱり苦手かも、と思う。装飾だとか演出として、なら、無論、問題は感じない。が、見極められないことも多い。▼起床は午前9時。軽く寝すぎた。勤務は12時からだ。深夜に雨が降ったようだ。まだ雨の気配は消えていない。また降り出しそうに見える。週間目標の『30分机に腰掛けてどう動くべきか考える』を改めて意識する。コミュニケートはほどほどにしておかねばな、と思う。