限界と可能のバランス

▼限界と可能について考えている。まだ考えている。こびりついている。誰もができる範囲のことを精一杯やればいい、というようなことについて、改めて、整理したがっているのだ。結局「精一杯やる」とは何をすることなのか。限界はある。でも、限界は可変であり、限界を伸ばす方向にも動くことができる。見える範囲のことを見て、動くしかないのだけど、見える範囲は、拡げよう、という意志によって、拡げられなくもないし、時おりは、無意識に、目を逸らして、視野を狭くしてしまうこともある。全部見よう、全部見て判断しよう、と思っても、全部は見えないし、見逃しはあるし、でも、なるたけ広い範囲を見よう、と思えば、広くなることもあるし、恐怖による視野狭窄も、勇気と決意で打破できたりもして、でもできなかったりもして、思い通りになったりならなかったりだ。ならば、最善策は何処にあるんだ、って思う。抽象的でも良い。何が最善手なのだろう。