装置と効果のバランス

▼最高の幸せ発生装置でありたい、とは言わない。いくらかは思うけど、いくらかは希うけど、言わない。難しすぎるから、はっきりとは言わない。でも、もっと気遣え、とは思う。言う。もっと気遣える者にはなりえるだろう、とは考えられるからだ。難易度を考慮すると、達成は不可能であろう夢、というものはやっぱりあって、だから、諦観混じりの判断を、否定しようとは思わない。でも、一歩も近づけないか、と問うならば、まるで無理、ではないことも多くて、まあ一歩くらいは進めたりする。漸近はできたりする。ということを忘れずにいよう、と思う。起床は午前5時。早朝だからか空はかなりぼんやりしている。が、青色は綺麗だ。朗らかに晴れるだろう、を予感させる。熱気もかなりもやもやしている。暑さも持続するに違いない。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、週間目標は『メモを持ち歩く』だ。