なんかこう、下心の魔術師、とか。ま、ばかみたいな言葉だとは思うけれど

▼前夜あたりから「下心問題」に思考が囚われているのは、胸中から「シタゴコロ」の匂いを嗅ぎ取ってしまうことがあるからで、しかも、無条件で「好きだ」と思える匂いではなく、可能ならば、減少させたい、減衰させたい、減退させたい、とか思っているからなのだと思う。考えてきたからなのだと思う。▼でも、本来は、本当は、たぶんだけど、隠蔽行為、情報操作、影響のコントロール、が、結局のところ「悪い」と判断できるのかどうか、を、問わなければならないのだと思う。問わないと解けないのだと思う。問わないと終わらないのだと思う。おそらくだけど、そう思う。▼なんていうあたりの「判断」に関しては、盲信や盲目や盲従の匂いを感じるからだ。思考不足や思慮不足、の、怠惰とか放棄とか手抜きとか、の、気配が感じ取れるからだ。▼ケースバイケース、臨機応変、という言葉は、忘れてはならないし、忘れなくてはならない。▼傲慢や驕慢が持つ問題点も考えねばならなそう、だし、相手より上にいる、と認識することが問題アリなのかどうかも、考えねばならなそう。近似かつ別種の問題、として認定している。▼シタゴコロ的なモノの取り扱いかた、が、整理できたら、どうなるんだろう、とは思う。あるいは、結局どうなったら満足なんだおまえは、とも思う。全部なくすのは、たぶん無理だろう。全部なくせば、満足するってわけでもないだろう。おのれが満足して、あなたも満足して、誰もが「まあ幸せになるだろう」みたいな形で、シタゴコロ、を整理し、扱えるようになれば、きっと満足なのだろう、とはわかるけど、抽象的すぎるし、現実問題としては、実際問題としては、行動問題としては、物理問題としては、何がしたいのだろうか、何が見たいのだろうか、何を望んでいるのだろうか、とは思ってしまう。▼下心の魔術師、みたいな言葉が、無駄にしっくりきた。変なの。変なの、って思う。けど、ぐっとくる。あるいは、奇術師とかでもいいかな、って思う。巧みに「ホンシン」って奴を操ることで、観衆を、聴衆を、お客様を、笑わせて幸せにする、みたいな、スタンス。ならいいかなって思う。思うし、なんか、結局そういうのを目指している気がする。で、現在修行中。