満足と変化のバランス

▼理想を追う、という「型」からは、きっと逃げられないんだろう、って思う。すべてに満足した時にも、やっぱりまだ「変化」を求めてしまうのかどうか、は、わからない。つまり、変化を求めること、が、排除不可能な「常駐機能」なのかどうか、いまいちはっきりはしない。でも、現在所持している「忘れる」とか「飽きる」とかいう機能を見ていると、じっとはしていられないように作られているんじゃないかなあ、と推測したくなったりはする。あと無論、完璧な満足なんて認識不可能ってことかなあ、とも思う。起床は午前5時。違和感なく起きることができた。うん。すっきりした。朝陽は凄いなあ、なんて思った。色合いが素敵すぎた。街を眺めていたら、陰影に笑えてきた。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』であり、習慣目標は『無駄会話しすぎるな』である。読書は『ホワイトヘッドの哲学』を予定。