勝手と逆手のバランス

▼規則に縛られている、と自覚する。けれど、規則に縛られている。と自覚する。と書く時もある。正直言って、句読点はかなり好き勝手に利用させてもらっているなと思う。おのれの中の「言葉と言葉の距離」や「文章と文章の距離」を、勝手に反映させてしまっている、のだ。ゆえに、アンタの文はわけわかんない、と言われるかもしれない、とは無論思っている。申し訳なさもある。が、なんかわかる、って思ってくれる人も、もしかしたらいるんじゃないか、という淡い希望を、微妙に持っているのだった。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』であり、習慣目標は『無駄会話しすぎるな』である。読書は森博嗣『ZOKU』が読了直前だ。思いのほか、というか、明確なまでに、おもしろい、と感じている。好きじゃないか、と強く思った。読了後は『ホワイトヘッドの哲学』をたぶん買う。気になりすぎ。