習慣と有益のバランス

▼目を覚まして、文章を書いて、頭を動かして。という行為から、という習慣から、かなりの「益」を得ているのではないか、という印象が最近はある。頭の働きが違うぜ、とか言えるような感触を感じるのだ。が無論、勘違いの可能性もあるので、まだ断定などできないし、断定できる状況があるのかも、わからないが……。認知的不協和を回避するための肯定的幻想かもしれない、とは考えている、わけだ。確かにありえなくはない。が、違うかな、という匂いも感じていて、意外と信じられるぜ、とも思っているのだった。疑いを掛けると、嘘はたいてい匂いが滲むものだけど、それがない、とか。だけどあんまり信じすぎるなよ、とも思う。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、習慣目標は『無駄会話しすぎるな』だ。物語が読みたいなあ、という衝動を活用すべく『ZOKU』を読み始めてみた。衝動は重要だ。