言語化された理由のアツカイカタ

▼理由を言語化する時、間違うことだってある。慣習や経験や言葉の意味に流されることもある、からだ。だからうまく扱えば免罪符にすることができるぜ活用しちゃえ、とかではもちろんなくて、言語化する時――言語化されたものを聞く時、可能な限り考慮しておかないと、言語化された理由を「間違いのないもの」として扱いすぎて、混乱や困惑や判断ミスを引き起こすことにもなってしまうぜ、とか考えていたのだった。改めて注意しておこう。理由の言語化はわりと難しい。間違うことも多い。信用しすぎるな、だ。