かえるの開発工房(kaerusanuさん)

私は、楽観的に物事を見るが、その裏では楽観視を取り除いた思考プロセスも走らせている。悲観的なプロセスは、価値を生まないという意味で意味が無いので、あまり好まない。どんな行動でも、失敗しようとすれば、それは実現可能だからだ。


だから、考えられる限りの現実から導いた楽観的な思考を好む。つまり、私が割り込める現実の中で最良のものを選ぼうということだ。
――学ぶ人と学ばない人の4つの違い

[つまり、のあとがきれいだ、と感じました][楽観と悲観と、が、おおよそどんな構造をしているか]