存在と解決のバランス

▼問題が起こるだろう、と推測できたのならば、問題が起こらないよう環境をきちんと整備する。状況を修正する。道程を変化させる。という存在としてありたい、と思っているところはいくらかある。問題解決者、を心掛けている。志している。でなければいる意味なんてないだろう、という視線を持っているところもある。無論すべてではない。唯一大切なもの、ではない。最重要でも最適解でもない。が、おのれの存在により、環境や状況が変わって、良くなる、のならば、そんな幸せなことはないぜ、と思ったりはする。起床は午前5時半。明確な青空。抜けるような、という常套句も浮かんだ。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、週間目標は『朝の間にその日の最適解を思い浮かべて、その最適解を実現するためにすべきことを2つ列挙する』だ。読書は、濫読のせいか最近進みが遅いぜ、と反省。