信用と無心のバランス

▼まるで信じてない、なんて言ったら嘘になる。信じてはいる。というか、疑いがない瞬間は確かにある。でも、信じきってはいない。信じきれてはいない。疑いを持っている瞬間も間違いなくある、のだ。というか、信じるとか疑うとかではない瞬間があるのだ、と思ったりもした。最初からすべてそうではなくて、信じようと思ったことがないから当然疑ったこともなくて、だから、素直に「もともとそんなわけないじゃん」とか言えてしまう。なんて心境に変貌する瞬間も確かにあるのだ。起床は午前9時。彩り豊か、なんていう言葉が浮かんだ。青い空。白い雲。にわくわくさせられる。素敵な混合だった。綺麗な均衡だった。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、週間目標は『朝の間にその日の最適解を思い浮かべて、その最適解を実現するためにすべきことを2つ列挙する』だ。読書は『続・企業参謀』を計画。