あのひとは賢明だから、あのひとは馬鹿だから、という理由と、ひとのせいにして正当化すんなのこと

▼読み手の性能を見極めることで、記述や描写や表現を曖昧にし、読み手が読む時に「明快」に変換してくれるだろう、なんて期待してしまう構造に、時おり、嫌悪を感じる。しかも自分もやってるじゃん、ということに気づいて、悔しくなったりもする。だっせえなあ、とか思ったりする。あのひとは頭いいからテキトーに書いてもきっと通じるよ、という手抜きも、あのひとは馬鹿だからきちんと書かなくても気づきゃしないよ、という手抜きも、あまり好きになれない、のだ。が、正当化のためにそういう理由を持ち出すことが許せないだけかも、とも思った。冷静に考えてみると、行為そのものはあまり嫌いじゃないように思えたからだ。悪いと思ってないかも、と思えた。だから、言い訳にはしないようにしよう、と自戒してみた。読み手には頼ることもある。でもいい訳にはしない、だ。