粗雑な整理は好きじゃないようだ。粗雑に書くと消えてしまうような地味部分が好きだからだろう

▼粗雑な整理は嫌いらしいなあ、って改めて自覚した。整理が汚いと無意識に「許容できなさ」を残してしまうらしい。細密、緻密、詳密、厳密、あたりがないと納得できないようだ、なんて考えてみた。が、正確に言うなら、思考経路の「細やかなところ」に「おもしろさ」を見てしまっているだけなんじゃないかな、とも思った。文章を書いたあと、どうしても、なんかつまらないんだよなあ、とか感じてしまうことがあって、時間を置いてから見直してみると、ぽこぽこ理路に手抜きが見つかってしまうことは、多い。で、言葉を書き足して、詳細を書き足して、理路を緻密に仕立ててみせると、妙にあっさり好きになれたりする。すっきりおもしろがれたりする。題材や経路が同じであっても、細やかに書かれている、というだけで、なんか簡単に納得できてしまうことがあるのだ。思考を短縮化して粗くしてしまうと違和感が残ってしまってうまくおもしろがれない、というよりは、思考を短縮化するだけで消えてしまうような些細で地味なところに「おもしろさ」を見てしまっているんだろうな、と思う。整理する時は心掛けておかねば、と考えていた。