全体最適、部分最適

▼全体最適。部分最適。というのがあるんだよなあ、と改めて認識した。意外と普段は意識していないな、とも改めて認識する。ある現象がはっきり「マイナス」に見えたとしても、明らかな「マイナス」をそこに置いておくことで、最終的に――結果的に――全体的には「プラス」になる、というような構造。は、やはりありうるのだろう。でも、部分最適を望んでしまうことだってある。部分を切り捨てることが許せないことはあってしまうだろう。部分に思い入れがあればそうなってしまうだろう、と思う。という時に向かう道はやはり崩壊に繋がってしまうのだろうか。繋がざるを得ないのだろうか。全体を見ないで誰もが部分を大切にしていながら、偶然全体がすごくうまくいく可能性はどれくらいなのだろう。部分に思いいれてしまう人間であると認識しているから、余計考えてしまう。