あなたにとってのふつうのはなし、ワタシにとってのオモシロバナシ

▼あなたのとっての「ごく普通の話」が、こちらにとっては「興味深い話」になりうることがあるんだ、なんて考えていた。前述した思考が繋がっていった、と言えるだろう。だから「つまらないかも」はあまり重視しないで欲しいな、と思ったりもする。つまらないな、と明確に思ってしまうのならばしょうがない。諦めてもいい。明確に「これはつまらない」と思ってしまえるもの、は「読ませよう」と思うことすらつまらないかもしれないからだ。でも、つまらないかおもしろいか微妙、程度なら、無視してしまえ、と思う。悪いけどおもしろがっちゃいますよ、なんて妄言すら時には言いたくなってしまう。たまには無駄に信頼してくれてもいいじゃん、とか。背景にある「世界観」が興味深いとごく普通の呟きさえ滅茶苦茶興味深く感じられるものだ。ということは改めて考慮しておこうと思う。呟きが断片的で、世界観が綺麗につかめず、うろうろするのも、おもしろい。