見慣れぬ景色の描写は「あまり凝ってなくても」すごく凝ったものに見えるかもしれない

▼領域の違う思考だと多少優れているだけでも途方もなく凄いものに見えるものなのかもしれないな、なんて考える。おのれ自身では「多少手が込んでいるだけ」としか考えていないものであっても、領域の違う人間から見たら「図抜けて凄いもの」と捉えてしまえたりするのかもしれない、と思うことがあるのだ。軽く凝っただけのものが思いのほか評価されてしまうことがあるからだ。と同時に、凄く凝っているように見えるのに、製作者からは「凄いもののために頑張ったぜ」という雰囲気が感じられないことがあるからだ。無論、漂わないようにしているだけなのかもしれない、とは思う。謙遜とか謙虚は当然ありうることだろうと思う。が、謙遜や謙虚の可能性を組み込んでも、なお、これはそういうものではなくて、単に凝ってないだけなんじゃないか、と思えることがあるのだ。