称賛と有益のバランス

▼凄いと思われたいよう、と、馬鹿にされたくないぜ、は表裏の関係なのだろうな、とか改めて考えていた。評価を欲しているところは間違いなくある。褒められたい、と思っている。褒められること、により、おのれには価値がある、と感じられるからだろう。あるいは、感じてしまうからだろう。誰かに評価される。誰かの評価は、おのれの有益と有能を判断する指針にはなる。だから、嬉しくなる。無駄じゃないんだ、と嬉しくなる。最後はどうせ死んでしまう――なのに人生に意味なんてあるのか、という絶望的世界観の変形か、と思った。起床は午前5時半。早起きは意外と続いている。おもしろい。雲は変化がなかった。空を覆っている。昨日も見た景色だな、なんて思う。軽く落胆して、落胆したことがおもしろかった。現状目標は『記憶の中にいる「しっかりしていた彼ら」に負けないような隙の無さを獲得する』で、週間目標は『行動リストに実施時間も明記する』だ。