いまはたぶん、おれのため、と、あなたのため、を、うまく組み合わせて、優しげな行為、を、具現化させることができている

▼純粋な「思いやり」ではないな――嘘が混じっているぜ――だから全部捨てちまえ、などと思うことはない。というか、思えない。まるで「思いやり」が存在していないわけではないからだ。おれのため、だけにやっているわけではないからだ。あなたのため、も同じところに存在している。混合物、なんて表現してもいいかもしれない。活動背景のすべてが「あなたのため」だけで構成されているわけではない、というだけのことなのだ。だから「あなたのために」は捨てたくない。できることなら「おれのため」だけをうまいこと排除してみたい、なんて思っている。でも、滅茶苦茶絡んでいるな、と感じる。ほぐすのは無理なんじゃないか、とすら思う。だから考えている。ほぐす方法なんてあるんだろうか。あるいは、うまく「おれのため」だけを蒸発させる方法とかがあるのだろうか。