派閥はどちらであれ、派閥の選択肢を認識できるなら

▼ひとの発言に接して、敏感さや鈍感さを問題視できる人は、好きだな、って思う。偉そうかもではある。でも、問題視できる視線がやっぱり好きだ。敏感称賛派であれ、鈍感称賛派であれ、選択肢を認識できる視線を持っていることが、素敵だ、って思える。