疑問、疑惑、疑念から始めてみるだけでなく、もっとおおきな範囲の掌握にも挑戦しないと駄目だぜ、と自戒する

▼このあたりが明確にできないなあ、なんて思って、手掛かりになりそうな情報を閃きに頼っていくつか羅列してみて、けれど探索と深化と整理を面倒くさがって、結局そこで終わってしまっているから駄目なんだよな、と思った。閃きだけじゃ駄目だ。閃きは確かに素敵だけれど、時にはがしがし進めてみよう。組み込みまでちゃんと挑戦してみよう。