だいぶ回復してきた頃に、まだつらいなあ、とか惰性で認識してみたら、滅茶苦茶違和感があって、免罪符のように扱っていたことに気がつかされた

▼落ち込んでいるのにはやっと飽きた。というか、落ち込んでいる、なんてことを変な免罪符にして「惰弱」を正当化し続けていたことに気がついてしまったので――開き直りを認識したことによって知らず知らずのうちに抱えていた「卑怯さ」とか「卑劣さ」にかなりむかついてきてしまったので、もう終わり。ほんといいかげんにしなよ、なんて思ってしまった。最近回復する時はいつもこういうノリな気がする、とか思ったりもした。自身も含めて最近「惰弱」を押し付けてしまった人たちには申し訳なかったなあ、とも思う。